響想曲



2005年 01月 17日 ( 1 )


初・峰独白SS。峰×清良。例の結婚話です。

俺の真っ赤なルビーは今日、純白に包まれ俺のもとへと嫁いで来る。

ずっと夢見ていた、この瞬間。
ずっと探していた、この幸せ。




I will close to hapiness with you.




「それでは、結婚指輪の交換です」
日本人の神父が、しゃがれた声で宣言する。
真っ白なドレスを身にまとった清良は、いつもの大胆な動きとは打って変わって、しずしずと俺のほうを向いた。
何だか照れくさくて、俺は招待客の方を見渡す。
R☆Sの仲間や、大学時代の友人、そして親父。かけがえの無い、大事な人達が今日の俺達のために祝福してくれている。
そう思うだけで、胸がいっぱいで、つい泣きそうになった。

結婚保証人からお互いの指輪を受け取って、まずは俺が清良の細い指にリングを通す。
沢山のフラッシュが瞬いた。
写真をとってくれている人達にお礼の意味を込めて、ゆっくりと輪を沈める。

清良から手を離すとき、俺はとっさに清良の腕を引っ張り、距離を縮めた。


今まで思っていたより、俺はヘタレだったらしい。
プロポーズの時からずっと言おうと思って言えずにいた一言。
どうしても言いたかった一言。



「絶対幸せにするから」
清良の耳元で呟く。


驚いたような顔をした清良はふといたずらっぽい笑みを浮かべた。
てっきり泣くかと思っていた俺は、違和感を覚える。
清良の唇が動く。

「遠慮しとく」


―――え

面食らった俺を、清良はあははと笑った。
小指で拭った涙は笑いによるものか、それとも俺の期待通りのものなのか。

笑いが収まった清良の瞳は、真正面から俺を捕らえた。

「龍。……一緒に、幸せになろう?」

そう言って微笑んだ清良は、とても頼もしく見えて。



敵わない。

俺は苦笑した。

苦笑して、もう一度清良を見て。

やべぇ、泣きそう。





ずっと夢見ていた、この瞬間。


ずっと探していた、この幸せ。

-------------------------------------
チアノダ以外のSS初めて書きました!沈没しそうです…。
従姉妹の結婚式の最中、ずっと考えていました。
いえ、でもまだ本命は温存しております。結婚式なんて萌えシチュ、書くしかないでしょ(ぇ!
という訳で、チアノダVer.は早ければ明日アップ(無理かも…無理でした(最悪)。近日中には…!
何故今回に限って一人称なのか、それはちゃんと理由があるのです。
[PR]
by touch_me_not | 2005-01-17 03:42 | のだめSS

宮崎楓(みやざきかえで)による、のだめカンタービレを主に駄文を書き連ねる日記サイト。SSも書きます。コメント大歓迎!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
+リンク+

のだめ千秋後援会

mano sinistra
たつとり
lovers concert
the Mirage in the Twilight
チアノダラバー未成年連合

smell days
ORANGE GATE


ぱるらんて♪
Musica piu piacevole!
Dotted♪note.

「響想曲」はリンクフリーです!報告下さいましたら、小躍りしながら遊びに行かせてもらいます(迷惑)!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧