響想曲



Kiss前号の続きSS。妄想の産物です。


「先輩?」

「ん…何」

波打ち際から100mほど離れた細い小道。
ざざあ…ざざあ…
波音と少し離れた明かりからの賑わいだけが聞こえてくる。
そんな静かな空間を、二人は歩いていた。



LeaVe A NesT



「…なに?」
声を掛けておいて黙り込んだのだめに、もう一度返事をする。

「さっきね、きらきら星弾いたんデス」
「…?ああ…、あのうるさいガキ達と?」
うるさくないですよ、とのだめはくすくす笑う。

「かわいかったなあ。のだめの演奏聴いて、ピアノが好きになったって言ってた」

和やかな顔で少し俯く。
そのまま沈黙が続くが、千秋は何も言わないままのだめに先を促す。
まだパーティーは続いているのだろうか、会場からまた軽快な音楽が聞こえ始めた。
少し歩いて、のだめは口を開いた。

「拍手もらって…嬉しかったデス。…これから、もっともっと沢山の人に聴いてもらいたい」
その言葉は、のだめの素直な気持ちと、小さな決意に満ちていた。
おちゃらけていない、少しはにかんだような口調が、なによりもそれを証明していた。



「…ふうん」

彼はそう呟いた。


前を歩く千秋は、続きを言う代わりに、少しだけ後ろを振り向き、そしてぶっきらぼうに彼女の手を自分のそれに収めた。
その手を握り返しながら、いつもより積極的なその行動に、のだめは首を傾げる。


「もしかして先輩、ちょっと寂しかった?」
ニヤニヤしながら、のだめは言う。
「…なんで」

「大切に育てたヒナが巣立っちゃいそうで」


そういうと、のだめはプッと噴き出す。
「う、うぬぼれんな!誰がお前なんか…」
「あー、先輩、ちょっと図星ー!?」
のだめは千秋の顔を覗き込もうとしながら、嬉々として騒ぎ立てる。
「うるせー!」

少し赤い顔で振り返った千秋は、立ち止まり、のだめの顔を自分の胸へと押し付ける。

「~~っ!」
黙らせてやるつもりだったが、同時に息も出来なくなってしまったのだめがもがき苦しむと、千秋はその力を緩めた。

やっと少し下を向いて、呼吸が出来るようになったのだめは、ぜえぜえと呼吸を整える。


そしてそのままの体勢で、でも、と言葉を繋いだ。

「のだめ、少しは先輩に近づけましたよね?」
のだめはそのまま千秋の腰へと手を回す。


「調子にのるな」
言葉とは裏腹に、のだめを抱きしめる千秋の腕は



とても、優しかった。



---------------------------------------------
ずっと書いてなかったから、全然書けないです…(吐血
これだけ書くのにすごい時間がかかってるYO!しかもオチなし!
卒業式の最中ずっと考えてました。
設定は、のだめ初リサイタル後、二人でパーティーを抜け出してお散歩。
少しずつリハビリしていこうかと思ってますm(_ _)m
[PR]
by touch_me_not | 2006-03-02 14:17 | のだめSS
<< サクラサイタ? リンク整理しました。 >>

宮崎楓(みやざきかえで)による、のだめカンタービレを主に駄文を書き連ねる日記サイト。SSも書きます。コメント大歓迎!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
+リンク+

のだめ千秋後援会

mano sinistra
たつとり
lovers concert
the Mirage in the Twilight
チアノダラバー未成年連合

smell days
ORANGE GATE


ぱるらんて♪
Musica piu piacevole!
Dotted♪note.

「響想曲」はリンクフリーです!報告下さいましたら、小躍りしながら遊びに行かせてもらいます(迷惑)!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧